どこにでもある経験の浅い方向けのFX投資の情報では「損失を被った場面ではナンピンを入れることによって全体の平均のコストを下げることができる」と記述されていますが、現実にはそれは相当の引っ掛けが隠れています。まずは、ナンピン買いの仕組みに関して分かりやすく述べます。ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。ドル買いですから円安ドル高に進むほど儲けが出るわけだが、1ドル=95円までドル安に推移したとします。この場合持ち続けたとしたら、マイナスをなくすためには、5円分、ドル高が進まなければならない。赤字はなるべく早く取り戻したい考えるでしょう。そのためはじめに取引したのと同額分のドルを95円で取引します。それによって、ポジションの平均の買い付け価格は97円50銭まで安くする事が出来ます。要するに、2.50円の幅でドル高に推移すればマイナスを失くすことが出来ます。この流れがナンピンの理論です。こういうふうに、ナンピン買いのロジックを知ると「まちがいない」という風に思うが、為替相場は容易には問屋を卸してくれない。そもそも、1ドル=95円以下にならないとは誰も分かるわけがありません。例として、為替がかなり強いドル安の流れだとしたら1ドル95円ではとどまらずドル安に向う可能性が高くなります。仮定として、1ドル97.50円でナンピン買いをするとしても95円まで円高ドル安が速んだら、ナンピンした分にも為替差損が生まれることになってしまいます。こういう状況では最初に保有したポジションとあわせて、2倍の損失が生じます。このように、ナンピンは大変です。であるなら、為替相場が自らの台本とは逆の方向に行ってしまった場合、どのようなやり方で危険を避ければいいのでしょうか。この場合選ぶべき対策は2つだけあります。ひとつめは覚悟を決めて損を確定する事です。もうひとつの選択肢としては、その段階で、自分自身が保有している買いポジションを少なくしてもう一回為替がリカバリするのを待機する事だけです。少し控えめな術だと思う方もいると思います。だがしかし、自分の持っているポジションに損失が出た場合最も危険の少ない方法はこれ以上のものは考えられません。確かに、ロジックのうえではナンピン買いをしてみる考え方もありえます。けれどもナンピン買いは損失を出している場面にもかかわらず、ポジションを縮小するどころか、それとは反対にポジションを積み重ねていく手法です。この方法では、危険を削減することなどどう考えても可能ではない察するべきです。ナンピン買いを続ければいずれはマイナスがプラスになるかもしれません。けれども、それより前に投資資金が不足してしまいます。