為替介入(外国為替平衡操作)というものを耳にした事がありますか?日銀が為替介入をして新聞記事、雑誌、報道番組、グーグルの情報でご覧になった方もいるでしょう。最初から為替介入は我が国においては、・大臣(財務大臣)為替相場の安定を保てるように使う方策として評価されています。簡潔に言うと、極度の円高もしくは円安の際に財務大臣の指令によって中央銀行である日銀が円を取引して相場の安定を狙うことを言います。為替の介入はいくつか種類があります。1.単独介入・・・政府機関または日銀が、東京での市場の中で自ら市場に参加し介入を行なう。2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が協議し各々の銀行などが金を用いタイミングを合わせてあるいは引き続いて為替介入(外国為替平衡操作)を実施していく。3.委託介入・・・他の国の銀行などに為替の介入を任せる。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が他国の通貨当局の代わりに外国為替平衡操作(為替介入)を実行する。以上のようなやり方があります。どの場合の介入も一時的、または引き続いて市場にとてもインパクトを与えるでしょう。為替介入(外国為替市場介入)の額は当たり前のことですが自分の国の誇りをかけているだけに桁外れです。円を元に説明すると、普段は数銭ごとに動く円相場が突発的に数円ごとの変化をするのです。個人の投資家の人であればこれまでに体験していると思いますが、今まで順当に含み資産(または含み損)が多い持ち高を持続していたところに、保持しているポジションが決済となりましたといった報告が業者よりEメールが・・・いくらくらいの儲けかな(損益が出たのかな)?と思いながら決済のデータを確認したら、自らが予想していた事とまったく逆の事態となってしまい息を飲んだことがよくありました。為替介入(外国為替市場介入)が実施された場合に多く聞いた話なのです。為替介入(外国為替市場介入)が実行されると為替市場の変動とまったく反対の変化をするものです。加えて変動する額の幅は相当大きく動くため気をつける必要があります。