「スプレッド」とは外為取引は通貨ペアを取引して儲けを生む商品です。売買の注文の価格は、上がったり下がったりします。これがマーケットです。ラジオを聞いていると外貨の為替相場のニュースが流れることがあります。例としてあげると、「現在のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。それは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという事を示しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを提示しています。つまり、外為取引には買値と売値の両方の値が存在します。売値、買値ではなく、BID、ASKと表示しているFX業者も存在しています。通常は売値の方が小さく設定されています。投資家が買値は高く、売値は低くなるのが普通です。この差をスプレッドといいFX会社の儲けといわれています。スプレッドの幅はFX会社によって変化します。スプレッド幅は手数料になるので狭い取引会社をピックアップしたほうが得です。ただ、同じ取引会社でも状況に応じてスプレッド幅は大きくなったり小さくなったりします。もしも通常時はドル円のペアでわずか1銭のスプレッドの幅でも、為替相場の上下動がかなり激しいときには1銭よりも大きくなったりするのです。という事で、スプレッドが小さいのと同じく変化しないということが必要です。今では固定でスプレッドの差を示す業者も多く存在します。リアルにFX会社の売り買い画面で現実の為替レートをチェックしなければ判別できないので億劫ですが必要不可欠な事です。多額のお金を賭けてエントリーをするわけですから売り買いの前に、関心があるFX取引会社の取引するための口座開設を全てして、提示されているスプレッドの幅をチェックしましょう。同じペアでも、その時点の外国為替市場の変動率(ボラティリティ)によって外貨のスプレッドの差は変化します。おおむね、インターバンク市場で取引量の多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの広さが狭く、残りの通貨ではスプレッドの幅が広がる傾向にあります。