「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨を売買して儲けを稼ぐ商品です。買ったり売ったりの価格は1日中動いています。それがマーケットです。インターネットでニュースをみているとドルやユーロのレートの話題が流れます。見かけるのが、「本のマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。これは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという訳ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを意味しています。つまり、買値と売値の両方の値が存在する事を示しています。売値のことをビット、買値の事をアスクと表示する業者も存在しています。一般的に売値の方が買値よりも安価に決定されています。自分が買うときには高く、売るときには安くなるのが一般的です。その差額をスプレッドといい、FX取引会社の収入の一部になっています。スプレッドの狭さはFX会社によって違います。スプレッドの狭さは投資家にとって経費になるので狭い業者を選択したほうが儲けられます。ただし、同じFX会社でも状況に応じてスプレッド幅は広くなったり狭くなったりします。もし普段はドルと円の組合せで1銭のスプレッドの幅であるとしても、レートの動きがかなり激しいケースでは大きくなる事があります。そういう訳で、スプレッドの広さが狭いのと同じくらい、固定している事が必要です。最近では固定でスプレッド幅を提示するFX業者も多くあります。実際にFX会社の売買画面の中で現実のレートをチェックしなければわからないのでわずらわしいですが必要な事です。重要な資金を投じて売り買いするわけですから売買の前に関心があるFX会社の取引するための口座開設を全部してスプレッドの差を実感しましょう。同じ外貨でも、市場の変動率(ボラティリティ)によって通貨ペアのスプレッド幅は異なることがあります。たいがい、インターバンク市場で売買高が多いペアではスプレッドが小さく、それ以外の外貨ではスプレッドの広さが広がるのが普通です。