一般的な初心者用の外為の書籍では、「損失を被った場面ではナンピン買いで、ポジション全体のコストを低くする」と助言されていると思いますが実際はナンピンにはかなり大きな引っ掛けが待っています。まずは、ナンピンの原理に関して簡単に説明します。ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。ドル買いなので、円安になればなるほど儲けが出ますが逆に1ドル95円まで円高・ドル安が進んでしまったとします。この場合ポジションを保持し続けたら損がなくなるまでには円高になった分円安ドル高が進まなければならない。誰もが、赤字は早めに戻したいと願うだろう。それを解決するため最初に売買したのと同じ量の$を、1ドル95円で買い増しする。そうすると、ポジション全体の平均の価格は97円50銭まで低くする事が出来ます。2.50円の幅で円安ドル高に推移すれば、損を失くせます。それが、ナンピンのロジックだ。このように、ナンピンの理屈を理解すると「ごもっとも」と思ったりするが外国為替市場は簡単には上手くはいきません。最初から、1ドル=95円が下限だとということなどなんびともわからないのである。仮に、市場がかなりの円高ドル安トレンドであるならば、1ドル95円では下げ止まらずに、さらに一層ドル安が進むリスクは高くなります。1ドル=97.50円でナンピン買いをした場合に1ドル95円までドル安に進んだら、ナンピンした分についても損が生じます。その状況では、最初に売買したドルと合わさって二重の損が生じます。それゆえ、ナンピンは難解です。それなら、市場が自分の台本とは逆にさっさと進む場合どのやり方で危機を回避すればいいのでしょうか。選べる手段は2つ。まずはじめは潔くあきらめてポジションを閉じる事です。もうひとりは現在、自分か保有しているポジションを少なくして、もう一度外国為替市場が回復するのをじっと待つことだ。少し受動的な手段だとおっしゃる人もいるでしょう。だけど、自分の持っているポジションに差損が出た場合最も効果のある手段はこれ以外には考えられません。なるほど、理屈の上では、ナンピン買いをする手法も効果的です。しかしナンピン買いは自分が損をしているにもかかわらずポジションを減少させるどころかそれとは逆に買いポジションを積み増していく対策です。これでは、危険性をコントロールすることなどどう頑張ってもできないと考えるべきです。ナンピンを続ける事ができればいずれはマイナスがプラスになるかもしれません。だがしかし、それ以前にお金は無くなってしまいます。