外為市場であるFX(外国為替証拠金取引)に関して考えていきます。外国為替証拠金取引(FX)というものは二種類の通貨を取引することによってそれらの差益を儲けられるというような流れとなります。この二つの貨幣の関係で発生する差益の金額をスワップ金利をいうのです。スワップ金利ですが、本来はスワップポイントといわれているらしいです。外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイント(スワップ金利)は、一日ごとにでも得る事ができますがしかし日々の為替の相場の動向により変わってくるとのことです。FX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利を獲得することを目的に、外国為替証拠金取引(FX)の為替トレードをする方々もたくさんいるようです。スワップ金利は、業者によって異なってくるためちょっとでも高い取引業者を使いたいと思います。しかし、スワップ金利は為替相場が動くことで変化するので用心しましょう。同時に、取引を行う際には図を読み取る事が大切になっています。このグラフを読めると、為替の取引の流れを予測する可能になると言われています。外国の為替ビギナーが見たとしたら、何のグラフ?などと不思議に思えるでしょうけど要所を知っておくことによって図の理解が出来るそうです。この時期から円が上がっているあるいは下降するだろう等、このタイミングが一番円安だろうとこのグラフを見る事で判別する事が可能となり為替取引をやるにはとても役立つデータとなります。このチャートは、日本の中ではローソク足(陰陽足)が使われその名の通りローソクの形をした図表で書かれています。そのローソク足によって高値・安値、さらに終値か始値を表示されており図表上でいろんな形になります。