「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を売買して利幅を上げる商品です。取引の値段は1日中変化しています。それが為替市場です。テレビのニュースをみていると通貨のマーケットのニュースが流れる場面があります。よくあるのが「本日のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。これは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという意味ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを表示しています。つまり、買いと売りの値段があるという事です。売値、買値ではなく、BID、ASKと表示する業者もあります。いつもは売値の方が買値よりも安価に決定されています。実際に買うときには高く、売るときには安くなるのです。この差額をスプレッドといい、会社の稼ぎのひとつといわれています。スプレッドの差はFX取引会社によって異なります。スプレッド幅はみなさんにとって費用になるので、小さい取引会社を選択したほうが優位です。ただし、同じFX業者でも状況に応じてスプレッド幅は変わります。仮に平常時はドル円の通貨ペアで1銭のスプレッドの広さでも、為替相場の動きがかなり大きい状態では広くなったりする場合があります。という事で、スプレッドの幅が狭いのと共に変化が小さい事が大切です。この頃では変化しないスプレッドを見せるFX会社も存在します。実際にFX取引会社の取引画面で為替レートを見て確認しなければわからないのでわずらわしいですが、必要な事です。大切な財産を投じてトレードするのですから本物の取引の前に気になるFX取引会社の取引するための口座開設をして表示されているスプレッドの狭さを確かめましょう。同じペアでもその時間帯の外国為替市場の状況によって外貨のスプレッドの広さは変わります。おおむね、銀行間取引で売買高が多い通貨ではスプレッドが狭く他の通貨ペアではスプレッドの幅が拡大する事がよくあります。