やっと始める時という局面では何よりも下調べをおろそかにしてはいけません。相場に入る前であったら出来事を論理的に観察する事ができるゆとりがあります。しかし、市場の内側に立ち入ってしまうと、どうしても見解が客観性を欠くものになる場合があり時には真っ当な見方がわからなくなる恐れが生じる。だからこそ自身の考え方が冷静な時に事前準備が不可欠です。このj事前準備のためには、とにかく脚本を作る事から開始します。明日からのマーケットはこうなってああなるからこの外貨をエントリーするというような脚本を書いていきます。次に大事なのはローソク足チャートをチェックしよう。為替レートの推移をチェックして現在の位置を確かめます。そうすると、「今現在はなかなか安い場面だ」そうでなければ「大多数の人が取引しているからこの後遅れて買い(または売り)してもすでに遅いな」などと見えてきます。無論買い(または売り)するのが遅いと考えたら、手を出さないで、そこはすっぱりと諦めることが肝心です。どう試みても自分自身の筋書きを押し通そうとして、無理やり注文すると市場に跳ね返されて、反対に損することになります。とは言うもののたいがいの場合では、準備が整った自らの筋書きを作っていると、買い(または売り)が遅いなというケースにはならないと思います。具体的に外国為替市場が上下動する前のはずです。次に、当面は自身が売買しようと考えているポジションの変化を、しっかり見る事が大切です。仮定として円安が進むと予想する筋書きを作ったのであれば、該当する通貨の変動に注目しておくことだ。相場の変動を注意を払い始めた状況ではまだ該当の通貨は目立って変化する兆候を見せず、わずかな動きをしているだけでしょう。だが、その上げ下げをきちんと確認しているとある位置で少しずつドル高の方向へと外国為替相場が変動し始めます。そこで初めて、ドルの新規取引します。通常は、これだけ慎重に事前の準備をやっておけばその注文で勝つ割合は比較的大きくなるはずです。