PCのディスプレイの前で、いつも上がったり下がったりしている相場を見てしまうとどことなく注文をするという欲求に駆られる場合も多いです。しかし、不明瞭な直感で取引するのは絶対にしてはいけません。事実、マーケットは1日中、常にどこかの外国為替市場はやっているし、為替レートもいつでも、上がったり下がったりします。だからといって、闇雲に取引を積み重ねるとそれだけ損失を被る可能性が高くなります。当然、注文の数を積む事で、じょじょに稼げる確率が50%、50%になっていくのは事実です。しかしこの事実は「なんだか分からない勘でエントリー」とは別の問題です。売買回数を重ねるとは自ずから「ここだ!」と考え付いたチャンスを持ったところでの注文回数を積み重ねるという事です。格段の理由がなく、連続してエントリーを積むのとははっきりと異なります。相場の戦いに勝利するためには自ずから意識してけじめをつけることこそが必要です。「ここで勝負」と考えた外国為替市場の時にはいっそのこと所持ポジションを多くして、意識して儲けを狙います。「明らかに難解な相場で、どう変化するのかわからないな」と思案した時は、観念して所有ポジションをひとつも残さないでクローズして黙っています。これくらいのテンポでやった方が、最終的に売り買いは成功します。外国為替相場の格言には「休むも相場」というものがあります。文字通り言葉どおりだと思います。外国為替相場とは、休みなくポジションを持っていることが肝心な事ではなく、ポジションを持たずにじっとしていることも事態によっては相場なのである。じゃあ、どういう場面で休めばよいのだろうか。最初に言われるのが前に述べたように、最近の外国為替相場がはっきりと理解できない時です。ここからドル高になるのか、ドル安になるのかがわからないような時は思いつきで行動すると、あなたの思い描いた台本とは逆に外国為替市場が推移してしまい損失を被ることになる。だから、こういった状況ではポジションを0にして、何もせずに静観しているのがいいと思います。2番目に、自分の体の状態が悪いときです。体の具合と相場に関係しないと考える方もいるでしょうが実はかなり関係があります。健康状態がよくなければ、外国為替相場の失敗できない場面で、冷静な決断を下すことができません。気乗りがしない時はFXから目をそらす事も必要な事です。